新国立美術館 太平洋展

新緑の眩しい5月、六本木にある新国立美術館で開催の一般公募の絵画展覧会「太平洋展」に訪れました。
DSC_0858 DSC_0861 今回はIPSG会長の飯塚先生の展示を鑑賞しに来ました。また、絵心の無い私はこの展覧会で自分の好みの絵を探す楽しみもありました。
DSC_0863 飯塚先生曰く、今回は自分の好みの絵が描けたとのこと。海の描写はすばらしく、絵心ない私は「絵がデカい・繊細で迫力がある」的な印象。鑑賞術を学ばなければいけませんね。 
図17 
IPSGの代表と会長はともに展覧会に出展するほどの腕前。二人とも毎年新しい絵を見せてもらうのですが、飯塚先生の作品のなかで私のベスト1はこれ「無心」です↑。山車が有名な祭りがある埼玉県本庄の飯塚先生ですが、祭りにインスパイアされた様な人間と龍神がなんとも幻想的です。 
図16 
稲葉代表の作品の中でのベスト1はこれ↑、大胆な赤の背景が印象に残るアンコールワットの夜明け、何かをやる気にさせる力みなぎる素晴らしい絵です。 
図18  
太平洋展でその他に良かったのは努力賞の水彩画でした。手軽に始められるようなのでいつかチャレンジしてみたいですね。

千葉県松戸市 ひかり・歯科クリニック

投稿日:2015年6月13日|カテゴリ:院長ブログ