入れ歯の短期集中治療についてのご紹介

「入れ歯について短期で早く治療をしたい」という患者様向けに、当院では入れ歯の短期集中治療の対応をしております。

対応方法は患者様それぞれの症状によりますので、以下にご紹介いたします。

すべての歯を失っている場合

すべての歯を失ってしまった患者様には、“上下顎同時印象法による総入れ歯治療”で対応します。

・通院4回
・2~3週間程度

治療期間は、入れ歯の製作期間に影響されます。

⇒上下顎同時印象法による総入れ歯の詳細はこちら

部分的に歯を失っている場合

一部の歯が抜けてしまっている患者様には、“テレスコープシステムと言われるドイツ式の部分入れ歯”で対応します。

お口の状況により3種類のテレスコープシステムを使い分けます。(コーヌステレスコープ、レジリエンツテレスコープ、リーゲルテレスコープ)

⇒テレスコープシステムによる部分入れ歯の詳細はこちら

■治療期間に影響する事項

1、入れ歯に利用する歯の本数

・1回来院時の治療時間
 本数に比例して増加

・来院回数
 口の中を4部位に分けます(上下顎左右)
 1部位を1回とすると4回かかります

2、抜歯しなければならない歯の有無

抜歯をする場合、傷の治癒を待つための期間がかかります(約2ヶ月)
その間の期間は、利用する歯の処置を行います。

3、入れ歯の製作期間

入れ歯製作の工程から4回
通院10~15回 3ヶ月程度 (抜歯処置がない場合)

※注意

・治療期間は来院の頻度に影響されます
・抜歯した部位の治癒状態により、期間が延長される場合があります
・重度の歯周病や顎関節症などがある場合も、期間が延長される場合があります

入れ歯の短期集中治療のメリット

・治療時間を確約することで、1回の治療内容を多くすることができる

・遠方から来院の方の来院回数を少なくできる

・熟練した入れ歯の製作スタッフが対応しているため、短期集中治療ができる

・より早く機能の回復が可能

入れ歯の早期治療をご希望の方は、お気軽にご相談いただければと思います。

⇒入れ歯のご相談はこちらから

千葉県松戸市 ひかり・歯科クリニック 院長 岩田

投稿日:2018年7月13日|カテゴリ:院長ブログ