お知らせ

2017/08
30
水 - 18:45

入れ歯・部分入れ歯の方は歯周病にも注意が必要です!

歯周病は歯の疼痛や喪失の原因になる疾患です。 歯周病細菌に感染し炎症すると歯肉から出血を伴い歯肉炎になります。 その症状が進行すると歯を包む骨が吸収し、歯周ポケットが深くなり歯が動揺などへ移行する特徴があります。 口腔内 >>続きを読む

2017/08
13
日 - 22:08

リスク診査では、イラストを使ってわかりやすい説明を!

欠損症(歯を失うことによって、咀嚼障害、審美障害などが起きること)で悩んでいる方や、お口や歯のお悩みを持たれた方が来院された際、ひかり・歯科クリニックでは実際にどのような診査、診断をするのかをご案内したします。 当院の特 >>続きを読む

2017/07
13
木 - 10:00

歯の定期検診とリスク診査の重要性

最近は、「予防歯科」というワードをよく耳にするようになりました。 「歯医者は歯が痛くなったら行く場所」という考え方ではなく、「日頃の歯のケアを歯医者と一緒にむし歯や歯周病にならないように予防したい」という考え方が浸透して >>続きを読む

2017/03
16
木 - 13:41

セカンドオピニオンのメリットと当医院のセカンドオピニオン

世間でも、治療を受ける際にセカンドオピニオンを受けるということが一般的になってきました。 今回はセカンドオピニオンを受けるメリットと、当医院のセカンドオピニオンの特徴についてご紹介させていただきます。 セカンドオピニオン >>続きを読む

2017/01
31
火 - 18:35

ホメオスタシス(生体恒常性)という言葉をご存知ですか?

みなさまは、ホメオスタシス(生体恒常性)という言葉をご存知でしょうか? ホメオスタシス(生体恒常性)とは、私たちが、身体の外から受ける環境や内部の変化にかかわらず、身体の状態(体温・血糖・免疫)を一定に保つことを言います >>続きを読む

2017/01
26
木 - 13:06

高齢者の歯科医療について

高齢者の歯科医療は、口腔の機能・衛生状態を改善し、維持をする口腔管理が大切です。 咬む機能(摂食・咀嚼機能)は、咬み合わせのバランスを整え、適合がよい衛生的な入れ歯を使用し、よく咬むことで唾液が多く出て、自浄作用ができる >>続きを読む

2017/01
25
水 - 14:06

日本人の死亡率と誤嚥性肺炎

現在、日本の死因別での死亡率は、1位:悪性新生物、2位:心疾患、3位:脳血管障害、4位:肺炎(女性は3位)です。 最近、ニュースなどで肺炎について耳にすることが多いと思います。それもそのはず、80歳以上の死因の第1位は肺 >>続きを読む

2017/01
23
月 - 13:54

高齢者の欠損症と生活の質(QOL)

食事が問題なくできることは、生きる楽しみでもあり、QOL(Quality Of Life クオリティー・オブ・ライフ、生活の質)に深く関係しています。 高齢者の方がうまく食べられない原因のひとつに、欠損症があります。 欠 >>続きを読む

2017/01
19
木 - 21:16

歯科疾患と高齢者

歯の疾患は、大きく分けると細菌感染症(う蝕・歯周病)・欠損症・顎関症があります。 歯科疾患の原因、治療・予防の方法 う蝕・歯周病の原因は細菌感染です。早期の治療で悪化させないことと、細菌を管理して予防することが大切です。 >>続きを読む

2016/12
22
木 - 13:24

当院の無料相談の内容についてのご紹介

当院では歯の治療についての無料相談を行っております。 この無料相談が実際にどのような内容のものなのか、無料相談の流れをご紹介します。 ※無料相談にかかるお時間は、30分から1時間程度です 無料相談の流れ ①こちらのページ >>続きを読む