歯が抜けてしまった方へ

咬み合わせ診査
テレスコープシステム
顎関節症
リスク診査
診療案内

診療時間 : 10:00〜19:00
土曜日は10:00 〜 17:00
まで診療しています。
【休診日】
木曜日・日曜日・祝日
【診療科目】
入れ歯 / 咬み合わせ / 顎関節症/ 一般歯科 / 審美歯科 / 予防歯科/ ホワイトニング / インプラント

歯が抜けてしまった方へ

歯が抜けてしまったら・・・

歯が抜けてしまった方の治療

虫歯や歯周病などが原因で、歯を失ってしまうことがあります。

また、人工的な治療が不適切な場合にも歯を失うことがありますので、治療の前に診査・診断を行い、適切な治療方法を検討することが重要です。

⇒保険の入れ歯をご検討されている方は
こちらの記事もご覧ください:保険の入れ歯のデメリット、ご存知ですか?


全ての歯がない状態、一部の歯がない状態、いずれの場合も、噛む、すりつぶすなどの機能を著しく低下させ、栄養をとりづらくし、発音の機能や見た目の障害を引き起こします。
また、身体的な障害だけでなく精神的なダメージも与えます。

その際、失った歯の部分には、入れ歯やインプラントなどの治療で人工的に歯を入れます。

⇒入れ歯とインプラントのメリット、デメリットは、こちらの記事をご覧ください

⇒入れ歯とインプラントどちらにするかご検討中の方は、こちらの記事をご覧ください

全ての歯を失ってしまった方の治療方法

全ての歯がなく、食べられない・わかりやすく話せない・見た目が悪い状態は、社会生活を送ることや、栄養をとることにも障害が出てきます。

これを治療する方法としては、インプラント治療総入れ歯治療があります。

※歯のない空間でその機能を再建することは、歯科医療のなかで最も高度な技術を必要とします

歯を全て失ってしまった場合
全ての歯を失ってしまった場合の治療方法
インプラント治療

人工の歯の根を手術で埋め込み、歯を機能させる方法です。
この場合、歯が全くない状態から治療をするので、多数のインプラント治療が必要になります。
⇒インプラント治療の詳細はこちら

総入れ歯治療

歯がもともとあった空間を、入れ歯によって再現します。

そのため、口の中の空間全てを精密に型取りして、筋肉の動きを邪魔しない、入れ歯の形態とバランスの良いところに人工の歯を置き、総入れ歯を安定させ、よく噛めるよう機能させます。
⇒総入れ歯治療の詳細はこちら

一部の歯を失ってしまった方の治療方法

1本の歯を失った状態から、1本の歯だけが残っている状態まであり、それに加えておひとりおひとりの上下の咬み合わせのパターンまで考慮すると、一部の歯を失った場合のパターンは多岐にわたります。

例えば、前歯を失うと笑顔を作りにくく、発音もできないのでコミュニケーションができなくなります。

そして、奥歯を失うと食べ物のすりつぶしができなかったり、顎の関節への障害が起こります。顎の障害が起こると治療が難しくなりますので、早期に対応した方が良いでしょう。

一部の歯を失ってしまった場合
一部の歯を失ってしまった場合の治療方法
テレスコープシステム(部分入れ歯)

入れ歯により、歯のないところを部分的に補う方法です。
⇒テレスコープシステムの詳細はこちら

インプラント治療

歯のないところに、単独に人工の根をつくり、被せ物をする方法です。
⇒インプラント治療の詳細はこちら

ブリッジ治療

歯のないところの前後の歯がある場合、それを利用した橋をかけた被せ物をする方法です。
⇒ブリッジ治療の詳細はこちら

歯の抜けた状態は人によってさまざまです。歯の抜けた本数が多くなるほど、ブリッジ治療はできなくなったり、インプラント治療の本数が多くなることもあります。年齢やご使用のお薬によっては、インプラントができなかったりします。

そのため、最近は、高齢化にともない、手術のリスクがない部分入れ歯が見直されてきています。

ひかり・歯科クリニックでは、全身疾患の有無や衛生管理ができるかどうか、年齢などを考慮し、咬み合わせの力学的な分析を行い、それぞれの方法の利点・欠点を加味した上で、患者様おひとりおひとりに合った治療方法をご提案しています。

まずは一度お気軽にご相談いただければと思います。